中部・北陸・近畿エリア  三重県関:深 川 屋
関の戸

お買い求めはこちらから
この商品は、オンラインショップ和菓子モールで購入頂けます

 HOME名匠菓子の旅中部・北陸・近畿
 
関の戸イメージ 東海道関宿に伝わる一口大の餅菓子
 江戸時代にタイムスリップしたかの様な町並みが美しく保存されている三重県関。多くの人々で賑わった宿場町で、350年以上代々作り続けられているお菓子が「関の戸」です。一口大のその餅菓子は、赤小豆のこし餡を薄い求肥で包み、阿波特産の和三盆をまぶした一品で、その様は、関の町の背後にそびえる鈴鹿の嶺に降り積もる白雪になぞらえたとのこと。簡素なスタイルでありながら、口に入れると程良い甘さで上品な味わいが楽しめる老舗の和菓子。
 
DATA
 
MAP
 
有限会社 深川屋 深川屋陸奥大掾:本店
本   店
三重県亀山市関町中町387
商品アイテム
6 ヶ 入 540円(税込)
お茶の香6ヶ入 648円(税込)
 
 
Copyright(c) くれない堂 All rights reserved. お菓子ネット.com